太陽光発電・住宅資材販売のホクリク住材

HOME > 耐震診断
耐震診断
地震災害はいつ起こるかわかりません
地震災害はいつどこで起こるか分かりません。「『地震列島」日本にお住まいならどこに住んでも災害に遭遇する割合はゼロではないでしょう。
私たちは地震災害においてまず大切なのは生命を守ることだと考えます。そのためには住まいが地震に対してどのくらい大丈夫なのかを知ることと同時に、強度が足りない場合は耐震改修をする必要があります。
ホクリク住材は地元工務店とのネットワークで耐震診断と耐震改修を推進し、北陸エリアの安全な住まいづくりに寄与したいと考えています。
備えはいつでもできます。 耐震診断~10のチェックリスト
1.今住んでいる住宅は平成12年以前に建てられた。
現行の耐震基準を満たしていない可能性があります。
2.基礎にひび割れがある。
外周部を目で確認してください。 ●幅3mm以上のひびがある。 ●基礎(玄関除く)は1周ぐるりとつながっていない。 ●お風呂の基礎はブロックである。
3.外壁に黒ずみ、ひび割れがある。過去に雨漏れがあった。
コケや黒ずみのひどい外壁は、壁の中での結露や雨漏りの可能性があります。また、窓まわりのひびやサイディングの目地割れがひどい場合は、住宅が変形している可能性もあります。
4.家のまわりの地盤に段差がある。
玄関や勝手口のたたき、へいに段差がある場合、地盤が弱く、沈下している可能性があります。
5.最近シロアリを見た。または、近所でシロアリを処理していた。
「ここ5年間専門家に見てもらっていない」「羽アリを見た!」「近所でシロアリ騒ぎがあった」「床下の湿気が気になる」などといった場合、シロアリの食害がある可能性があります。
6.室内のドアが勝手に開閉する。
障子にすきまがあったり、室内ドアが勝手に開閉する場合は、住宅が傾いて変形している可能性があります。壁や柱の傾きは地震への抵抗力を著しく減少させます。
7.台風や弱い地震のときでもよく揺れる。
横からの力に抵抗する耐力壁が不足しているか、地盤が弱いため、建物の揺れを増幅している可能性があります。どちらにしても、地震時に抵抗力がないことは確かです。
8.室内の床が傾いている。
2階の床でボールやパチンコ玉が一方向に転がったり、幅木と床にすきまがある場合は、住宅が傾いている可能性があります。
9.室内の壁、浴室のタイルがひび割れている。
室内のドアの上や窓の上にひび割れがあったり、浴室のタイル(目地除く)がひび割れていたり、浮いていたりする場合は、壁が傾いている可能性があります。また、タイルや浴槽の目地から水がしみこんでいる場合は、内部が腐食している可能性があります。
10.壁の量が少ない。
1階の壁が少なく、独立している(四面全部が見える)柱が多かったり、南側や道路側に大きな開口がある場合は要注意です。

耐震診断のご相談はお気軽に

耐震診断、耐震補強を行う地元工務店紹介
NPO法人 住まいの構造改革推進協会の正会員は耐震診断、耐震補強、建て替えを積極的に提案し、お客様にご支持をいただいている地域密着の工務店で構成されています。住まいの構造改革推進協会で行う各種研修や講義に毎年参加し、耐震診断技術や耐震補強方法の向上を図っている企業をご紹介いたします。
住まいの構造改革推進協会

[ 富山県内で耐震診断ができる工務店、建設会社 ]

[ 石川県内で耐震診断ができる工務店、建設会社 ]

[ 福井県内で耐震診断ができる工務店、建設会社 ]

  • ランドマックス 株式会社(福井市)
  • 有限会社 エヌエス・インテリア(福井市)
  • 笠松林業 株式会社(福井市)
  • 有限会社 HY建築工房(坂井市)

平成21年10月1日現在

耐震診断、耐震補強のご相談はお気軽に 耐震診断のご相談はこちら